2017年1月アーカイブ

rice.jpg

健康食としても知られている発芽玄米を使用したダイエットを実践している人は少なくありません。身体を外側からケアするだけでなく、内側のコンディションもよくするには発芽玄米がおすすめです。流行のダイエット商品はいつもオシャレな感じのものが多い中で、発芽玄米は異質な感じがしないでもありません。漢字四文字で書かれる発芽玄米には華やかさもないですし、おいしく食べられる食べ物とも感じられません。実は発芽玄米には内臓脂肪を拭い取って、脂肪とコレステロールを流し去る効果があるのです。脂肪を燃やすだけでなく、体内のコレステロールを減らす作用もあることから、発芽玄米はダイエット目的以外にも使われています。白米に発芽玄米を混ぜて炊くだけのとっても簡単なダイエットです。発芽玄米を使ったダイエットのいいところは、やり方がわかりやすく、実践しやすいということにあります。高価なダイエット食品が多い中で、ずっと安価で続けやすいのが、発芽玄米によるダイエットのメリットです。食事を減らしたり、運動量を増やしたりすることはダイエットではつらいものですが、発芽玄米ダイエットならそこまでする必要はありません。体に負担のかかるダイエット方法では、たとえ体重が減ったとしても、体の調子を崩してしまっては本末転倒です。発芽玄米を毎日の食事に取り入れることによって、ダイエット効果だけでなく、健康増進の効果も得られるようにするといいでしょう。

eat.jpg

発芽玄米を利用したダイエットは肥満防止や老化防止の効果も期待できる方法として人気があります。近年では、炭水化物の摂取量を少なくするダイエット方法が関心を集めています。しかし糖質は極端に減らすと基礎代謝が低下してしまいますので、お米と上手く付き合っていくことが大切です。玄米や白米として食べることが多い米は、日本人の食事にずっと使われてきたものであり、多くの人が毎日のように食べています。白米はぬか層と胚芽を除いたもので、玄米はぬか層と胚芽がついたままになっているお米です。しかし、ぬか層にはビタミンや食物繊維などの栄養成分が多く含まれており、玄米から白米に精製することで、栄養素が減少します。なので白米に比べて発芽玄米は、ビタミンB1、ビタミンE、食物繊維などの健康に役立つ栄養成分が約5倍も含まれています。発芽玄米はダイエットにいいだけでなく、ミネラルやビタミンも多く含んでいるために、お肌をきれいにする効果も期待できます。発芽玄米には、肥満や老化を防ぎ腸内環境を整え免疫力を高めてくれる効果が期待できます。きちんと咀嚼する必要があるため、発芽玄米を使うと少量の食事でもお腹がいっぱいになれます。食事の満足感というのは、ダイエットを長く続けるために大切なことです。食べる量が問題なのであり、白米を食べたからといって太るというものではありませんので、発芽玄米を取り入れて食事の量を調節していきましょう。

sport.jpg

体操をして代謝をあげ、活動量を増やすことでカロリーを燃やし、痩せることが可能です。痩せる体操をしたいけれど、具体的にどういった体操がダイエットに有効なのかや、運動をするべき時間がわからないという方もいます。どんな運動をすれば痩せることができるかをわからないままに体操をしていても、思うようにダイエットができないのは、当たり前の話です。体操をして痩せたいと思うなら、痩せる効果がある運動がしたいと思うことは当然でしょう。まず、痩せるために体操をする場合のタイミングですが、真剣に行うと汗ばむほどのしっかりとした体操を朝に行うのがポイントです。朝食を摂る前の、空腹状態のうちに痩せる体操ができるようにしておきましょう。起き抜けの体は、頭も体もまだ本調子になっていませんので、まずは準備体操をして全身の血流をよくしてから、だんだんと体を使う運動へと移行するように心がけましょう。痩せるためにと、せっせとウォーキングや、ジョギングをしている人がいますが、最初に準備運動をしておくことで、体脂肪が燃焼しやすい運動をすることができます。起きてから筋肉に刺激を加えることで、その1日に使うカロリーを多くすることが可能です。ストレッチ体操や、マッサージなどは、仕事の休憩時間や、寝る前などの体をリラックスさせたい時向けです。リラックスを目的に行う体操の場合は、早く動く必要はなく、固まってしまったり普段の生活では使わない筋肉の柔軟性を戻すために行います。1日に燃やすカロリーをより多くするには、普段の活動に加えて、朝の痩せる体操を生活リズムの一部に組み込むことです。

diet.jpg

最近の日本は痩せている女性がとても増えており、先進国の中で一番痩せている国という調査結果もあります。確かに痩せている人やスタイルのいい人を見ると、羨ましく、自分も痩せたいと誰もが一度は思うものです。ダイエットを好む女性の中には、痩せたいという願うあまりに、病気になってしまうくらい食事を減らすような方もいます。昼食に形ばかりの食事はするけれど、朝晩はろくなものを食べていないという食事は、体にいいものではありません。とにかく食べなければ、摂取カロリーを制限できるので、確かに痩せるのは当たり前です。身体の状態を維持するためには、常に栄養を補給して、消費するサイクルをキープする必要があります。栄養補給が滞ると体を壊してしまうものです。栄養不足の状態が続くと、貧血で体が弱くなり、すぐ風邪をひいたり、体調を崩すようになります。痩せたいがために食事をしない人がいるようですが、最低限必要な量の食事をしなければ、健康を害してしまうので注意が必要です。痩せる食事とは、ただ量を少なくするのではなく、必要最低限の量と栄養バランスを見極めることです。1日に何キロカロリーの食事をとるべきなのかを理解することが、痩せる食事をするためには大切になります。太るのは、消費カロリーよりも摂取カロリーが多い場合であるので、低カロリーの食事メニューに見直すことが大切です。カロリー過多な食事にならないように、体が必要としている分だけの食事をすることで、痩せる食事ができるでしょう。葉酸をいつ飲めばいいのか、その飲むタイミングは?

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。